トップページ

ようこそ、慶友銀座クリニックの口臭専門サイトへ。 銀座 口臭のお話 1999年度の厚生省(現厚生労働省)保健福祉動向調査より、約3.3万人のうち約10%が「口臭が気になる」と回答しました。このデータはあくまでも主観的な回答であるため、10%の国民に口臭があるということではありません。日本口臭学会の分類では、口臭には生理的な口臭と、病的な口臭があります。生理的な口臭の原因としては、一般的な口臭として朝起きたとき、お腹がすいたとき、緊張したとき、疲れたときにおきる口臭があります。 あくまでこれらはだれでもおこる、生理的な一時的なものだと思ってください。あと年をとっても加齢変化として口臭はおこります。あとホルモンの変調により、月経時や妊娠、思春期、更年期にも口臭はおこります。あとニンニク、アルコールや一部のお薬(アリナミン等)を摂取しても、口臭はおこります。デートの前に、お酒をがんがん飲むのは問題外ですが、ニンニクを含むような食事を前の日の夜ぐらいから慎むのは、鉄則ですね。カレーや焼き肉は大量のニンニクを使用していることがあります。要注意です。 病的な口臭としては、歯科領域としてまず歯周病があります。口臭が気になる人は、まず歯医者さんにいって、歯をチェックしてもらってください。特殊な歯肉炎や腫瘍も口臭の原因となります。舌のこけも口臭の原因とはなりますが、多少なりともみんな舌には苔があります。舌ブラシなどで、舌をこすりすぎて舌を痛めてしまう人がいるので、おこなう場合は歯科医の指導の下にやってください。論文で、口臭の原因の舌苔を一生懸命にとり、舌がぼろぼろになったという症例報告もありました。なにごともやりすぎは禁物です。 私の専門の耳鼻科の分野でも、蓄膿症や腫瘍によって口臭を訴える患者さんがいます。黄色い鼻水がずっと出たりした場合は耳鼻科にもきてみてください。当院では歯が原因で蓄膿症になり、口臭をうったえた患者さんもいました。口腔の乾燥は、口臭を悪化させるものですが、病的な口腔の乾燥は、それ自体が口臭の原因です。目も乾いたりする場合は、シェーグレン症候群などの膠原病と関係する場合があります。あと全身疾患として内科的に糖尿病や肝臓、腎臓、肺の病気も口臭の原因となりますが、きわめて限定的です。 あと医学的な分類として、心理的な口臭症という、こころからくるものもあります。このような場合は、口臭症に理解のある精神科の専門の先生を紹介します。 病気以外の口臭の場合、ケアは実に簡単です。においの原因となる多くは、歯の間に残った食べ物のカス。口臭ケアの基本は、これを取り除くこと! 食後の歯磨きを習慣にしている方は多いですが、歯の表面を磨くだけではにおいケアになりません。みなさんは歯を磨くことと、歯の間のカスをとることと混同してる方が多いようです。歯の間のカスを取りましょう。 例えばデートのときは食後に洗面所へ行き、三角楊枝などで歯の間のかすをきれいにとり、お水で簡単にうがいするだけで十分に効果的です。特に歯磨き粉は必要はありません。食事の後、唾液がいっぱい出て、口の中を洗い流してくれます。キーワードは「歯の間のカスを取る」「お口を乾燥させない」ということです。 それでも気になるようでしたら、当クリニックにも口臭の有無や程度を計る高性能な口臭測定装置がありますから、来院してチェックするとよいですよ。 チェックする項目は、揮発性硫黄化合物である硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド[(CH3)2S] の3つです。これら揮発性硫黄化合物は、口腔内の嫌気性菌(空気がなくても生きていられる菌)が唾液や食物残渣中の含硫アミノ酸を分解腐敗することで産生されます。歯の間のかすが多い場合は硫化水素が多くなり、歯周病の場合はメチルメルカプタン、食事からのばあいはジメチルサルファイドの数値が高くなる傾向にあります。 慶友銀座クリニックでの診察は(社)日本耳鼻咽喉科学会認定の専門医が行います。必要に応じて当院内科外来の専門医、歯科の専門医も診察します。口臭の有無と程度を口臭測定装置(オーラルクロマ)で測定し、口臭がある場合はその原因を探り、治療とします。例としては舌炎、口腔内乾燥症(ドライマウス)や副鼻腔炎等があり、生活習慣の指導や漢方薬をはじめとする薬物治療が中心となります。  歯周病など専門的な歯科治療が必要な場合は、お近くの歯科医院や関連病院を紹介します。当院の診察費用はすべて健康保険の範囲内です。保険外の治療が必要な場合は、提携クリニック及び病院に紹介します。 ◎口臭・口臭症 の定義 口臭とは、本人あるいは第三者が不快と感じる呼気の総称です。 口臭症とは、生理的・身体的・精神的な原因により口臭に対して不安を感じる症状です。 参考:日本口臭学会ガイドライン『口臭の定義と分類2010』 I 口臭(臭気)の分類 生理的口臭と病的口臭に分けられる。 生理的口臭 一般的な生理的口臭には、加齢による口臭、起床時の口臭、空腹時の口臭、緊張時の口臭、疲労時の口臭 ホルモンの変調などに起因する生理的口臭には妊娠時口臭、月経時口臭、思春期口臭、更年期口臭 など 嗜好物、飲食物、薬物による生理的口臭にはニンニク、アルコール、薬物(活性型ビタミン剤)など 病的口臭 ◆口腔領域の疾患:歯周炎、特殊な歯肉炎、口腔粘膜の炎症舌苔、 悪性腫瘍 など ◆耳鼻咽喉領域の疾患:副鼻腔炎、咽頭・喉頭の炎症、悪性腫瘍 など ◆全身疾患:糖尿病(アセトン臭)、肝疾患(アミン臭)、 腎疾患。(アンモニア臭)など Ⅱ 口臭症の分類 口臭症には、生理的口臭症と病的口臭症があります。 ◆生理的口臭症とは、前に挙げた生理的口臭を気にして悩む症状です。 ◆病的口臭症とは、前に挙げた病的口臭を気にして悩む症状です。 ◆病的口臭症のなかには、精神的口臭症もある。(一般的には自臭症と呼ばれる。)